偏平足 原因

偏平足とは 偏平足の原因




偏平足とは 偏平足の原因

偏平足は、足の裏にアーチがなく平らな状態に
なっている足です。

土踏まずがなく、足裏が平らな状態です。
疲れやすく、長時間歩くと痛みが出てきます。

偏平足の原因としては

先天性偏平足と後天性偏平足の2種類になります。

(先天性偏平足)は乳、幼児期に足裏のアーチが
 形成される時期に何らかの障害で足裏のアーチが形成
されなかったことが 原因でおこります。

(後天性偏平足)は外的要因(骨折 怪我 )などに
 より足裏のアーチが潰れてしまうなどの原因に
よ って発生した偏平足です。

・偏平足の治療 インソールを使う

・偏平足の治療法 運動療法

・子供の偏平足を矯正 改善する。

偏平足から起きる病気

偏平足が原因で起きる病気


偏平足が原因で起きる病気


偏平足には先天的なものと、中高年以降齢から起きるものの2
種類があります。

中高年で発症する偏平足の原因には、関節リウマチや外傷など
による関節症、糖尿病による神経障害に伴うものなどが
あります。

足裏のアーチは体重の衝撃を和らげるクッションの役目をする
ので一番に膝への負担がきます。

足裏のアーチがつぶれてくると痛みが生じ膝の痛みがひどく
なります。

それにO脚が加わると膝の内側がますます痛くなり、歩くことも
ままなくなり、変形性膝関節症になります。

治療方法はアーチを作る努力をすることです。
靴は土踏まずを支えるアーチサポートのある靴を履くように
します。

足の専門外来では、足の型取りをしてオーダーメードの
インソールを処方してくれます。

偏平足の方は早めに偏平足治療を受けて年をとった時
変形性膝関節症ならないようにしたいです。


imgclass.png

  1 2 3 4 5..  次の2件>>



Powered by さくらのブログ